ウェイク値引き 交渉

ウェイクに限らず、発売間もない車や人気のある車は、大幅な値引きには応じてくれません。ですから、ウェイクの値引き交渉するときは、ウェイクの車両本体の値引きとオプションの値引きとは分けると良いです。なぜなら、そうすることで値引き交渉を2段階にできるからです。具体的にいうと、まず、ウェイクの車両本体の値引きの話をします。そして、車両本体の話が行き詰ったようであれば、ウェイクのオプションの値引きの話を切り出せばいいのです。

実際、私が今の車を購入したときは、その値引き交渉の方法でオプションをサービスしてもらいました。値引きではなくサービス、つまりタダです。ただ、もし値引きではなくサービスを狙う場合は、アレコレと欲張らないほうがうまくいきます。しかし、そうした値引き交渉には時間がかかるもの。ウェイクの値引きの交渉に時間をかけることがムダとはいいませんが、時間は有効的に使いたいもの。そう考えると、ウェイクの値引き交渉に時間をかけるより、マイカーの買取の話を進めるほうが時間を有効的に使えます。

私が車を購入したときの話ですが、下取り予定のお店以外で査定をしてもらった結果、桁がひとつ違ったことがあります。そして、購入予定のディーラーに行って、同じ査定額に上げてもらいました。つまり、ウェイクの場合でいうと、ウェイクそのものは値引きされませんが、実質的にはウェイクの値引きと同じ効果があったわけです。ウェイクを購入しようとするのであれば、ぜひ使ってみてください。

車の買取というと、ウェイクを購入する時の下取りのほうがお得では、と思うでしょう。しかし、必ずしもそうとはいえないのは、わかっていただけたのではないでしょうか。少なくとも、ウェイクの値引きの話をする時に、マイカーの買取価格を知っておいたほうが、下取りの値段が適正かどうかがわかるので、有利です。また、相場を知っているほうが、ウェイクの値引き交渉をするときのワザとしても使えます。

車の見積もりは、ウェイクの値引き交渉よりもはるかにカンタンにできます。時間もウェイクの値引きの交渉ほどかからないので、やっておいてもソンはしないと思います。

 

ダイハツ ウェイク値引き

車の買取価格の見積もりのできるサイトを、見積もりのかかる時間別にランキングしてみました。

1位 オークションではなく、直接販売で高価買取。

ビッグモーター、公式サイトはこちら。

入力項目が少ないので、時間はかかりません。
私が入力したところ、30秒もかかりませんでした。

後日、担当から連絡が入り、査定が始まります。

オークションを通さない、直販方式なので、他の買取業者とは違う値段が付く可能性が大きいです。

ビッグモーター、公式サイトはこちら。

2位 入力はカンタン、時間は1分。

ズバット買取、公式サイトはこちら。

入力時間は1分で、終了。

買取業者によって販売ルートが違ったり、欲しい車が違ってたりするので、買取額が50万以上も上がったとの実績も。

カスタマーサービスもあり、初めての査定の方でも、安心して手続きできます。

ズバット買取、公式サイトはこちら。

3位 近所の買取店の検索も可能。

カーセンサー、公式サイトはこちら。

入力時間は、3分。

しかし、カーセンサーなら、近所の買取店の検索や、買取査定額UPのテクニックも知ることができます。

サイトをのぞくだけでも、損はしないと思います。

カーセンサー、公式サイトはこちら。

4位 楽天ポイントを狙うなら、やはりココ。

楽天市場、公式サイトはこちら。

入力は、2段階の入力なので、少し手間がかかります。

しかし、査定申し込みだけでも、ポイントをゲットできます。
売却が決まったら、さらにポイントがもらえます。

楽天で買い物をするなら、査定だけでもしてみては、いかがでしょう。

楽天市場、公式サイトはこちら。

5位 利用実績350万人を越えた、カービュー。

カービュー、公式サイトはこちら。

申し込みが3段階なので、少し手間がかかります。

ですが、利用された方のコメントを見ると、
走行距離10万キロ越えの車でも、買取額が10万円以上アップしたとのコメントも。

買い取り額が上がると思えば、
多少の手間隙はたいしたことではないといえるのでは?

カービュー、公式サイトはこちら。

ウェイク値引き 情報

ウェイクは人気もあることから、あまり値引きは期待できません。実際にウェイクを買われた方の口コミを見てみても、ウェイクの値引き額が大きくなったとはいえ、ウェイクの値引き交渉は難航しているようです。ウェイクの値引きの金額を見ると、ウェイク車両本体の値引きが0円のケースや、逆にオプションの値引きが0円のケースもあります。

そうなると、ウェイクを購入しようと思って、ウェイクの値引き交渉の時間を割くより、マイカーを高く売ることを考えたほうが、やはり得策といえます。

© 2020 ウェイク値引き rss